【 >>> HOME \(^o^))/ 】
【発毛・育毛・増毛リスト】 [遺伝] [男性ホルモン②] [男性ホルモン①]




prof
管理人のyunです。
正確な情報に努めておりますが、当サイトにて生じた損害等について管理人は一切責任を負いませんので御了承下さい。





発毛・育毛・増毛・育毛剤・シャンプー情報、大募集\(^o^))/


男性ホルモン①

人間はなぜハゲるのか?ハゲはホルモン説と遺伝説という2大原因説があります。

男性ホルモン

私たちの毛髪は性別を問わず様々なホルモンの影響を受けています。ハゲ薄毛には男性ホルモンが深く関わっています。
中でも毛髪に影響のある男性ホルモンは「テストステロン」「DHT」の2種類。特に「DHT」はハゲや薄毛の引き金となる怖いホルモンです。
男性ホルモンは5αリダクターゼという物質によって、デヒドロテストステロン(DHT)という、強力な活性ホルモンに変換されます。
そしてDHTが毛乳頭内の男性ホルモンと結合し乳頭や毛母細胞に「髪を生やすな!」と指令を出すのです。
脱毛指令により、細胞が活性化されない状況が続き、毛髪が充分に作られない状況が続くと、髪が細く弱くなり髪が抜けます。

医薬品プロペシアを服用すると男性ホルモン5αリダクターゼがDHTに変換される前に止めることができるとのことです。
プロペシアは医薬品ですので、服用には医師の診断と処方箋が必要となります。

良くオナニーセックスによりハゲるなどとありますが、男性ホルモンに関係があるかは明確にはなっていません。

男性ホルモン②

体毛が多く濃い方ほど「男性ホルモン」の分泌が激しいためハゲやすいと思われます。確かに男性ホルモンの分泌が高いほど体毛が濃くなりますが体毛が異様に多い人でも髪がフサフサな人が多く存在します。
髪が薄くなる原因は男性ホルモンの分泌だけではなく、それが体内中にまわったとき「5α-リダクターゼ」という還元酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることにより発毛サイクルがブロックされるのです。
抜け毛を減らし育毛するためには「5α-リダクターゼ」の活性を抑制しなくてはなりません。
少し難しい話ですが、知識として覚えておいてくださいね。

遺伝

遺伝

若ハゲは大変、大変つらいです・・・。若ハゲ(若年性脱毛症)は遺伝であることが非常に多く、それも家系の中で男性に現われる遺伝形式で受け継がれていきます。
実に80%以上が遺伝性と言われるほどで、この場合もDHTに影響されやすい体質が受け継がれてしまうのです。これが遺伝説です。
親兄弟、親戚でハゲが多い方は、やはり早くから育毛ヘアケアが重要となります。